2015年08月28日

超劣化 紀香 でいいのか・・・  片岡愛之助 藤原紀香との交際を宣言「互いに大切な存在」


俳優の片岡愛之助(43)が28日、自身のブログを更新。「この度、藤原紀香さんと交際をさせていただくことになりましたことをご報告いたします」と女優の藤原紀香(44)との交際を宣言した。

 「いつも家族のように温かく応援してくださっているファンの皆さま、また、活動の場を与えてくださっている関係者の皆さま方へは、きちんと僕の言葉で、事実と気持ちを1番に伝えたく、ここに書くことにしました」と切り出した。

 「僕の人生上、2人の女性を同時に好きになったことや、重なってお付き合いをしたことは一度もありません」と破局した熊切あさ美(35)との二股は否定。「実際、以前の報道時はいい友人関係であり、藤原さんサイドに多大なご迷惑をお掛けし、お詫び方々 深い話をするようになり、徐々に距離が縮まり、それらの逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」と紀香との交際に至る経緯を説明した。

 「彼女は多忙の中でも、友人であった時以上に体調面、食事面など、今の僕を支えてくれています。交際を始めたのがここ最近ですし、お互い40代の独身同士、見守ってくださいなんて図々しいことは言いませんが、どうぞそっとしておいていただけると幸いです」と呼び掛けた。

 愛之助と紀香については5月28日発売の「女性セブン」(小学館)が「同棲愛」と報道。この日発売の「FRIDAY」(講談社)も濃厚デード現場を報じている。




パンチひとこと

紀香のおばさん臭ってすごいよね・・・

こんなのでもいいんだ。

熊切に紀香か・・・・

残念な感覚。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 16:49| 苦笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

この二人は無責任病。  橋下氏・松井氏、維新離党を表明 「執行部は永田町病」


維新の党の橋下徹最高顧問(大阪市長)は27日午前、松野頼久代表らに、メールで松井一郎顧問(大阪府知事)とともに離党する考えを伝えた。松井氏が辞任を要求していた柿沢未途幹事長が続投する方向となったため。松井氏は同日、大阪府庁で記者団に「(党執行部は)永田町病にかかっている。党を離れ、大阪に集中する」と表明した。

 柿沢氏が地元の反対を押し切り、山形市長選で民主党などが推す立候補予定者を応援したことをめぐって、松井氏が反発し、辞任を要求。柿沢氏が拒否したため、党全体を巻き込んだ対立となっていた。

 橋下氏は松野氏らに対し、柿沢幹事長の留任を容認する▽要請していた討論会の開催見送り▽党は割らない▽橋下、松井両氏は大阪政治に専念する、との自身の方針を伝えた。松野氏はこれを了承した。橋下氏は午後、記者会見で離党を正式表明する予定。

 松井氏はこの日も「大事件を起こさない限り、幹事長職にとどまるのか。その価値観に僕はもうついて行けない」と柿沢氏を改めて批判した。一方で「党を割ろうとしてやっているんじゃない」とも語った。

 馬場伸幸国対委員長(衆院大阪17区)は国会内で記者団に、橋下氏から「即党を割るようなことはせずに、国会は安全保障問題があるので、それに集中してほしい」との指示があったことを明かした。橋下、松井両氏に近い国会議員は当面、推移を見守る姿勢だが、松野代表ら執行部への反発を強めており、分裂回避は難しい状況になっている。

 11月には大阪府知事、大阪市長のダブル選挙も控えており、橋下、松井両氏には、離党して、こうした大型選挙に集中する狙いもあるとみられる。




パンチひとこと

この二人は維新を捨てるタイミングを見計らっていたよね。

そこに、良いタイミングで問題がおきたと・・

この無責任男二人を許してはいけない。

あと柿沢っていうのも、朝まで生テレビを見る限りでは、相当なアホです。

性格的にも問題あり。 

維新なんて、アホとクズと無責任者の集まりです。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 13:13| くず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

記事を読んで、すこぶる納得。  武藤貴也議員の“未成年買春”を相手男性が告白


「週刊文春」が報じた“議員枠未公開株”にかかわる金銭トラブルで、自民党を離党した武藤貴也衆院議員(36)が、19歳の男性を“買春”していたことがわかった。

 取材に応じた相手男性によれば、ゲイ向けの出会い系サイトで知り合い、昨年11月、武藤議員と1回2万円で性交渉を行った。会ったのは約20回に及び、議員宿舎でも関係を持ったという。

 武藤議員は、「週刊文春」の取材に事実関係を否定し、相手男性との面識も否定した。しかし取材翌日、相手男性に武藤氏から、取材に応じないよう要求する電話が入り、LINEも送られた。

 売買春が法律で禁止されているのは異性間のみであり、同性間は違法とならない。ただ、未成年の身体を金で買うという武藤氏の利己的な振る舞いに、国会議員としての資質を問う声がさらに高まりそうだ。


<週刊文春2015年9月3日号『スクープ速報』より>





パンチひとこと

妙に納得。

この小僧の気持ち悪さはこういうところからきているのかもな。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 23:49| 苦笑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする