2016年03月30日

どうしようもないクズだと、私は前から言っている。 三股“ゲス出馬”乙武洋匡の本音 自民党で仕事なんて「ヘドが出る」


5人の女性と不倫していたことが週刊新潮の報道で暴かれた乙武洋匡(ひろただ)氏(39)。

 乙武氏は今年夏の参院選に自民党から出馬するとされていたが、スキャンダルで活動自粛に追い込まれた。だが、それでも出馬するだろうとの見方は強い。

「影響は限定的で、東京選挙区で出馬すれば、知名度があるから当選できるだろう」(野党関係者)

 ただ、永田町での乙武氏の評判は、不倫報道が出る前から地に落ちていた。

 乙武氏は昨年10月、「日本を元気にする会」(代表・松田公太氏)と参院選出馬の「誓約書」を結んでいたが、反故にして自民へ走ったという。これだけではない。実は、乙武氏は民主党とも出馬に向けて調整を続けていたことが、本誌の調べでわかった。

「民主党は約1年前から出馬打診をしていて、複数の党幹部も実際に乙武氏と会い、好感触を得ていたそうです。岡田克也代表にも経過は報告されていました」(民進党関係者)

 つまり、乙武氏は元気と自民党で二股をしながら民主党とも“逢い引き”を重ね、三股をかけていたのだ。

「乙武さんは東京選挙区からの出馬を希望していたので、選挙区が重なる蓮舫代表代行が比例区に回ることも極秘に検討されていた。それで蓮舫さんも乙武さんと面会していた」(野党担当記者)

 それなのに自民党から東京選挙区で出馬となれば、松田氏と蓮舫氏を敵に回して選挙戦をやることになる。政治の世界は「騙すより、騙されたほうが悪い」というが、さすがにこれには民進党議員も憤慨している。

「乙武さんは多様性を認める社会を目指していることから、今の自民党を厳しく批判していた。民主党側には、自民党の議員と一緒に仕事をすることは『ヘドが出る』と言っていたそうです。この話が党幹部に伝わったことで、反自民での出馬は確実と思われていた。こんな裏切りは、見たことない」(民進党議員)

 民主党との交渉は、今年に入って破談になったという。その後、自民党から出馬の意向との報道が出た。

「他の野党から出るなら自分たちの党に魅力がなかったと思えますが、嫌悪していた自民党から出馬するとなると、これから彼は『目の前の利益のために、信念を曲げる人』と思われ続ける」(同)

 本誌は、民主党との交渉経緯について乙武氏に質問状を送ったところ、「事実ではございません」と否定。一方の蓮舫氏は、事務所を通じて「内容は話せませんが、お会いしたことは事実です」と面会していたことを認めた。三股の果ての“ゲス出馬”騒動は、不倫問題よりも乙武氏の経歴に大きな傷をつけたようだ。(取材班=鳴澤大、西岡千史、牧野めぐみ、松岡かすみ、秦正理/今西憲之)

※週刊朝日 2016年4月8日号





パンチひとこと

私は、ずっとずっと、昔から、

乙武はクズ人間だと、言っている。

今になって、「こんな人間だとは思わなかった・・・」とか言っている人間は、はっきり言って、見る目がない。
浅い。

ネット民は昔から、乙武のことを、最低人間だと言っていました。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 12:25| くず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

滋賀県の吉田清一県議(68)=自民党 を叩きのめせ。


第88回選抜高校野球大会に初出場で準々決勝まで勝ち進んだ滋賀学園の選手らに対して、滋賀県の吉田清一県議(68)=自民党=が今月16日に県庁で開かれた激励会後に、学校の送迎バスの止め方を大声で非難し、「おまえらなんか1回戦負けしろ」と発言していたことが関係者への取材で分かった。バスは県教委が指定した場所に止めていた。学校関係者は「選手を動揺させる行為で残念」と述べ、吉田県議は「負けろとか言ったことについては何も言えない」と話している。

 激励会は、県教委が開催。選手や監督らが県庁正面玄関に並び、三日月大造知事らが励ましの言葉を述べて送り出した。吉田県議は出席していなかった。

 複数の関係者によると、会の終了後、選手らが県庁西側の路上に停車していた大型バスへ移動したところ、吉田県議が突然「なんちゅうとこ止めてんねん」「誰の許可を得てん」などと怒鳴り、「おまえらなんか1回戦負けしろ」と叫んだ。ほとんどの選手がぼうぜんとして見ていた。

 学校関係者はその場を取りなそうと、吉田県議に「すみません」と謝って発車させた。バス車内で、野球部長が「気にするなよ」と呼び掛けたが、選手たちは事態をのみ込めない様子だったという。学校側の出席者は「大舞台を前に選手を動揺させたくなかったのでその場では謝罪した。士気をくじくような言葉を選手らにぶつけてほしくなかった」と話している。

 吉田県議は野洲市選出で6期目、議長経験もある。毎日新聞の電話取材に「止めてはいけない場所にバスを止めていたので注意しただけ。そんなこと(『負けろ』と言ったこと)は二の次だ」と話した。





パンチひとこと

吉田清一県議(68)自民党

こういう老害は叩き潰しましょう。

国のためにも県のためにもならない奴は潰すのみ。




励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 11:32| くず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏は最低だね。 乙武洋匡問題。


中瀬氏、5人と不倫の乙武氏に「五人大満足」へ“キャラ変”提案

 週刊新潮の報道で5人の女性との不倫が判明した乙武洋匡氏(39)について、新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏(51)が“五人大満足”といった不倫キャラクターへの変更を提案した。

 中瀬氏は24日、東京MX「5時に夢中!」(月〜金曜・後5時)に作家・岩井志麻子氏(51)とともにレギュラーコメンテーターとして出演。「“今週の不倫”という感じですね。こうなると」と、年明けから続く不倫報道の現状を指摘し「私は乙武君は女好きなイメージを持っていたから、そんなにビックリという感じはなかった。不倫キャラというか“東京五(人不)倫”とか“五人大満足”とかキャラ変して笑いに変えて乗り切っていくんじゃないか」と語った。

 また仁美夫人が謝罪コメントを同時発表したことにも触れ「不倫の前例を見てきて、どうやって火消しをしたらいいかという研究の成果が奥さんと一緒に(認めること)」と指摘。「奥さんがちゃんと許しているという感じが大切と思ったんでしょう」と推察しながらも「奥さんは一緒に謝ることはなかった」と述べた。

 また岩井氏は「あの方はお盛んじゃないか、女好きと聞いていた。あと絶対●●コがでかいと思っていた。顔でわかる!」と力説し、司会のふかわりょう(41)からストップがかかっていた。




パンチひとこと

ずっと書き続けているように、「弱者のふりをした強者」の乙武洋匡は大嫌いです。

すぐに投げ出すクズ人間だと思っています。

しかし、もっと許せないのは

新潮社出版部部長の中瀬ゆかり氏の発言「五人大満足」といったような発言は、品位を疑います。

乙武の身体障害を今回の不倫とひっかけて揶揄するのは許せません。

身体のハンディを面白おかしく言うのはいけません。

ペナルティとして新潮社の本を1ヶ月間、不買運動しましょう。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 10:24| くず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする