2013年05月11日

宮沢りえ、代役は野田秀樹への“恩返し” 背景に電撃妊娠&結婚

女優宮沢りえ(40)が10日、心筋梗塞で入院中の天海祐希(45)に代わり、東京・池袋の東京芸術劇場で舞台「おのれナポレオン」に出演し、万雷の拍手を浴びた。稽古開始から2日で本番を迎えた“至難の代役”をりえに申し入れたのは主演の野田秀樹(57)。引き受けた背景には、2009年2月に明らかになった電撃妊娠&結婚があった。

 稽古開始からわずか2日で迎えた“初日”。2時間20分の芝居を無事に終えたりえは舞台上で、胸に手を当てると大きく息を吐き、ホッとした表情を浮かべた。

 夜7時からの本番を前に最後の稽古に臨むため、劇場には朝9時50分に到着。背筋がピンと伸びた後ろ姿には緊張感と気迫がみなぎっていた。

 天海が降板を発表した8日未明に台本を受け取り、その日の午後から稽古を開始。翌9日は別の舞台の製作発表に出席してから参加した。舞台関係者は「上演を続けてほしいという天海さんや出演者の思いを受け、一層力が入っていた」と明かす。そんな“至難の代役”を二つ返事で引き受けた背景には、主演の野田への恩返しがあった。

 りえは08年末、当時まだ結婚していなかった男性との間に子供ができたことが分かった。しかし、その時、野田が作・演出の舞台「パイパー」の稽古に入っていた。しかも2カ月公演。身重で乗り切るのは不可能で、降板すれば多大な迷惑を掛けるとともに妊娠が公になる。りえから打ち明けられた野田は、体に負担のかからない演出に誰にも悟られずに変更したのだ。今回はその野田が芸術監督を務める東京芸術劇場の舞台。実際に客席から芝居も見ていたりえは、穴をあけるわけにはいかない恩人からの依頼にすぐに快諾したのだった。




パンチひとこと

深イイ、深イイ、深イイ



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 10:40| 深いい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素晴らしい!!  りえノーミス130台詞!天海代役で拍手

 宮沢りえ(40)が奇跡の舞台をみせた。10日夜、心筋梗塞で降板した天海祐希(45)の代役を務める舞台「おのれナポレオン」が上演された東京・池袋の東京芸術劇場のステージに立った。わずか2日半の稽古で本番に臨んだが、130のせりふもよどみなく、完璧に演じきった。カーテンコールでは、満員の観客から総立ちの拍手を浴びた。5月10日は伝説の一夜になった。

 舞台の神様が、りえに舞い降りたとしか思えない舞台だった。8日の代役決定からわずか2日半。25時間の稽古時間しかなかった。誰もが不安視する中、幕が開いた。

 開演から8分。ナポレオンの愛人アルヴィーヌ役のりえが「ようこそ、おいでくださいました」と最初のせりふで登場した。言葉は自然に響いて聞こえた。心配は吹き飛んだ。

 野田秀樹が演じるナポレオンの前で、夫(山本耕史)とともにモリエールの芝居を見せる劇中劇の場面。りえが「せりふは入っているわね」と聞き、山本から「お前に言われたくないよ」と切り返された。りえの置かれた状況を逆手に取ったやりとりに笑いが起こった。さらに2人が稽古をしていたことについて、野田が「1日か2日、稽古をすればうまくなるのか」と尋ねたり、「見ている人を緊張させてはいけないな」と言うなど、作・演出の三谷幸喜氏が今回の代役劇を笑いに転換する仕掛けもはまっていた。天海を想定して書いた細かい部分はカットしていた。

 りえは、生き生きと演じた。時にはかわいく、時にはなまめかしく、違和感なく表現した。初日から1カ月経過した舞台にとけ込んでいた。三谷作品らしい笑いの場面では、普段の舞台で見せないコメディエンヌの一面も発揮して新鮮な印象さえ与えた。制作側は、せりふや立ち位置、所作などを忘れた場合に備えてプロンプターと呼ばれるスタッフを配置したが、無用だった。130を超えるせりふもよどみなく、ノーミスで演じきった。

 そしてカーテンコール。休憩なしの2時間20分の舞台をやり遂げたりえを、立ち見も出た満員の観客は総立ちの拍手でねぎらった。三谷氏は舞台そでから、野田、内野聖陽、山本ら共演者も舞台上で拍手を送った。硬い表情だったりえも、野田の腕をつかみ、「やめてくださいよ」というしぐさをみせ、しきりに照れていた。女優として評価を上げ続けるりえにとって、今回の代役はリスクの高い賭けだった。好奇の視線も浴びたこの日の舞台は、確かに伝説の一夜となった。まずは初日を乗り切った。12日の千秋楽まで公演はあと3回ある。




パンチひとこと

宮沢りえさん、絶賛されていますね・・

これで株がまた上がりましたわーい(嬉しい顔)

素晴らしい女優さんになりましたね。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 10:35| 深いい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

すごい面白かったもの。 <ダイオウイカ>泳ぐ姿世界初公開で高視聴率16.8%

世界で初めて動画撮影に成功した地球上最大の無脊椎(せきつい)動物「ダイオウイカ」の映像が初公開されたNHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」が13日午後9時からNHK総合で放送され、平均視聴率は16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録した。

 ダイオウイカは、大きなものでは、触腕(2本の長い腕)まで入れると全長18メートルにもなるという地球上最大の無脊椎動物。欧米では“船を襲う海の怪物”クラーケンのモデルとして知られ、古くから船を沈めると恐れられてきた。これまで世界中のメディアや研究者が深海で泳ぐ生きた姿の動画撮影に挑戦してきたが、すべて失敗に終わり、「深海最大の謎」とされてきた。

 番組は、NHK、NHKエンタープライズ、米ディスカバリー・チャンネルの国際共同制作。11カ国50人のスタッフからなる国際チームの奮闘を追い、昨年夏に小笠原諸島の海域で約3メートルのダイオウイカの撮影に成功。その姿が映し出された。撮影のための調査、準備期間は10年間、潜航回数は100回、潜航時間は400時間に及んだという。

 16日深夜(17日午前)0時25分から総合テレビで再放送される。(毎日新聞デジタル)




パンチひとこと

何の気なしに見ていましたが、とても面白かったです。

ダイオウイカがいままでほとんど撮影できていなかった、というのすら知りませんでした。

たまにおきるNHKのビックヒットでしたわーい(嬉しい顔)

こういうのが稀にあるから、国営放送っつーのも必要なんだよな・・・、と感じさせる番組でしたね。

カテゴリーの「深いい話」、にも少しかけてみたつもりですわーい(嬉しい顔)



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
posted by ひまーじん at 00:03| 深いい話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする